SYNCHRONICITY

すぐに呑み込めないような相手には、何年もかけて説明し、記録を見せ、あらゆることをすべてやってみても無駄だ。いつだって、瞬時に理解するか、どうしても理解できないかのどちらかなんだ。 ウォーレン・バフェット

きょうは 偶然の統計学 この本は 僕がブログでも書いている通りシンクロニシティ 偶然の共時性 だったり、 宇宙には ありえないことが ありえないほど起こる ということを定義している本である。 そんなこと絶対ありえないだろうということほど、案外起こるもので 自分が予測していた 内容ほど特に (自分にとっては 悪い内容 ほど案外 起きなかった) とか世の中テレビのようなインチキ評論家や専門家たちが集まって これはこうなるよって予測していたことほど案外起きなくて、アンソニーロビンズのプラチナのように一般のメディアへの公開禁止のようなプライベート情報とかで情報を得ないと大変なことになるのです。そもそもテレビで発信しているような一般人の情報が逆に今は信用できない時代です。

意外な部分ほど 案外 起きてしまったりすることがよくある。 しかし それ自身 よくよく研究をしてみると、 必ず法則があったり 何か原因があってその結果の反動となって 起きているということがある。 例えばたまたま行ったお店に すごい偶然の友人と、 たまたまその日同じ時間のその場所で出会ってしまった。 いかにもありえないだろっていうぐらいのラッキーが重なってしまったっていうことも少なくないわけです 。もちろん 逆の人もいるかもしれませんね。 一生涯の中で 雷に打たれて 当たってしまい、 なんとか生き延びた 何ていう経験することがあるなんていう人は、 本当に何千年の中の 一部の人 しかありませんが 、その人に限ってまた2回あたってしまったなんて人もいたりします。 なんでその人に2回も落ちてきたんでしょうか? ある意味ラッキーですよね。  確率というものがあったとしても 0ではなかったとしても 0.0 00000000 が何個もついてしまうような確率です

そしてテコの原理。 皆さんもご存知と思います。

好機は備えある者にのみ味方する 。
ルイパスツール。 という方の言葉なんですが、 あなたは 幹線道路を車で走り予定通りの道順を進んでいる。 チェックしておいた印のいくつかをとおりすぎるとふと何かを気づき、 地図であの村の名前を見た覚えがない。 そのまま進むが馴染みのない地名がどんどん出てくる。 ついに自分がどこにいるのかわからなくなった。何もかも予定と違う など 。今は GPS だったり. いろんな人で 持ってるシェア情報を集めれば 案外状況を 免れるなんてことは 簡単に出来てしまうかもしれませんが、 そういったものを一切持たずに 進んでいった時に
ナビもない、 地図もない 中を手探りで 進んで行くのは相当危険ですよね。 しかし ビジネスがでそれをやる人が少なくないそうです。 どこに向かってるのか、 自分は今 どこにいるのか? 今どこに向かおうとしているのかさえ、よくわかっていない 、ビジネスのポジションは ??何て 考えてて、情報すらも取らない人もの世の中少なくないそうです 。

ヘッジファンドをつくった著書ヘッジファンド投資家たちの野望と工房。

てセバスチャン学びは 1987年10月19日の S and P 500
先物取引に見られたときの下落が起こる確率は10の160乗 。1のあとにゼロを160個並ぶ分の1だったということかという宇宙の推定年齢の条件とされている200億年の株式市場が開き続けたとしてもさらには bigbang の株式市場が200億年続くというのが20回連続したとしてもあれほどの大暴落が起こりそうにないというのである。

私が確立した、てこの法則と呼ぶありえなさの原理のより糸に根ざしている。

力学のてこの法則は重さの違う物体が 横材のどこでバランスを取れるかを説明する 。二人がシーソーに乗っている様子を思い浮かべてみよう。 体重が軽い方の人は視点から離れて座ることで視点の近くに座る重い方の人と釣り合いをとることができる。重い方の人の座る位置が視点から少しでも離れたり重い方の人の体重が少しでも重くなったりすると板が傾いて軽い方の人が持ち上がる。

同じように確立てこの法則によれば環境に生じたわずかな変化が確立に途方もなく大きな影響 を及ぼしうる 。そうした変化がとても小さい確率を一定させるのである。
以上

今回の内容、なぜ今お届けしたのかというと 世の中 偶然なんて言うことや 、こんな奴のいう事を信用できない、 何て言ってることほど 案外起きて、

絶対起きたら恐怖で動けないなんてジブンを止めていた未来の恐怖ほど 起きなかった…

わけです。だったらやっとけばとか、何だったんだ、あのときの恐怖!?なんて。

このままずっと この状態が続いたらいいのにな なんてことは決して起きない のですが、 当然 もっとすごくいい状況のこともたくさん起きてくるというわけです。 今まで こんなことありえないよ偶然だよたまたまだよ 何て言ってることが 特に今年から どんどんどんどん起きてくる時代と言われています。 何が起きるか、どうおきるかは 各自それぞれ 色んな事を仕込んでる人たちもこの世の中今いっぱいいるわけですから それが ありとあらゆるところでたくさん起きてくると思います。

イギリスの eu 離脱にしても 様々なことが 特に 日本以外の国でも 、えっ!?あの国のあの有名な州が…もうすぐ大きなニュースになるそうです。

私は一部そういう情報を得ておりますので今動向を調べてはおりますが、 もしそれが真実ならば さすが超一流の人達の情報だなと思うと思います。

以前に アンソニーロビンズプラチナのメソッドの中で様々な市場動向 の情報を学んでおりますので 少しずつですが その情報を調べながら世の中の動きというのが 長い目で少し 見るように視点がかわったことだけは明らかです。 それは人に対してもそうです。 これは この中で僕が今発しているメッセージなかで何を言ってるんだろうか ?と思うのか …あのことを言ってんのかな?

なんか、あれって!?気づく気づけないかそのセレンディピティ があるかないかの人での見え方が かわってくると思います 。今日はこんなメッセージですが もし このメッセージが何かヒントになればと思いシェアしました。
昨日はいきなりの落雷でちょっとびっくりしましたが 落雷の時に 走って大雨の中 みんな駅の ほうに逃げ込んで行く中、 僕はたちどまり、雨の中 すごいなと思い
こんな機会、自分で起こせる現象ではないと思ってしまいラッキーとなりました。
立ち止まって 雷を見てちょっとワクワクしてました 。もちろんびしょぬれです。周りの人達はただ濡れたくない、 走って カミナリ怖い と とにかく 雨を防いでおりましたが、 私はびしょびしょになっても、 この光は 何か別のエネルギーに変えることができないかな?

このエネルギーを 移動させることによって 誰か電力で助けることはできないんだろうかと? 自然現象というのは 毎日天気であればいい天気を見ることも出来ますし、毎日雨が降り続けば雨を見ることは出来ると思いますが、 なかなか 毎日その考えが起きる事は ほぼ どこに行ってもなかなか見れるものではないので、 そうした自然の中の不思議 神秘、 心踊らされてる自分がいて 、周りには誰一人遠くの雨やどりしてる人たちの目線でこいつ頭おかしいんじゃないかという目で見る人たちは結構いましたが、 もちろん人が多いエリアにいたので すが、そんなことは 僕にとってはあまり関係ありません 。

今それができるかどうかの違いです。 じゃあ今からそれを やろう と思っても、 他の事はすぐに行動に起こすことはあってもそうした機会に恵まれることは ほぼ不可能に近いと思いませんか? 雷を起こす 、起こせる人がいるんであれば それを操れる人がいるのであれば 起こしてみてほしいです。

市場を動かしてる人達は世の中にはたくさんいるかもしれませんが、 自然を動かせるだけの能力を持った人はまだこの世の中にはいないと思います。 しかし もし そんな人がいるとするならばどうしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA