口コミ

口コミをシステマチックに増やすには、
30分考えるかどうかの差である。

解説:
あなたは、口コミを増やすためにどうするか、
30分でも真剣に考えたことがあるか?
誰に鈴をつけるのか?
どの商品を?どこの場所で?
どんなきっかけで?
どんな言葉で口コミしてる?
どんな口コミツールが最適?

最大のマーケティング、一番受注成約率につながりやすいのは口コミです。

ただ何もしてないところを勝手に口コミしてくれると思いますか?

何もしないとこには何も起こりません。

今はランディングページなどが、あるわけです。

チラシ等にもページに誘導するなど

今はwebの時代です。
スマホの時代です。
そしてChatの時代です。

なんでこれだけの人が、世界中でLine やmessangerのようなものが流行っているのか、wechat,whatsapp

人は人とコミュニティケーションを取りたいのです。ただお金をかけたくない。ただし話したい。その人とつながりたい。要件だけ早く聞きたい。
そこにはchatがどれだけ楽か、そして楽なもの楽しいものは写真も動画も情報はなんでも共有する時代です。

そのときにホームページも、どこかでは女性たちがくっちゃべって勝手に紹介しよう口コミしたいのにそれをさせるツールすらない状態では、時代に反しているわけです。

AIだbotだと色々言われてますが準備が大事です。
そしてChatとともに活躍するのがリアル動画コミュニケーションです。

普段からSkypeなどのようなものを使いなれてる人が増えてるわけです。

今までの電話とメールの連絡手段に今はChat(弊社でも本部ページで利用しています)
ホームページにリアルで電話ではなく動画でマイクと顔が見れる状態でコミュニケーションを取れることがかなりこれから流行ります。
また我々のような高額商材を扱う商売はもろにヒットするそうです。

契約などは最終的にその人と対面で行うことが多いです。
ただし、プランニングの最中やちょっとした細かい打ち合わせのやり取りを相手が、自宅や外にいながらスマホで顔を見ながら話せる。
そしてこちら側も相手のとこまで出向かなくても、PCで必要な書類を相手の画面上に写して話ができる。
見積もりや図面、写真、提案、多のページからこういう植栽です。外構ならこういう質感のウッドデッキです。土間やタイルの仕上がりです、全体の感じがこのように変わりますなどが、こちらは動かずともPC上にあるデータを相手のスマホにクリック一つで特に友達申請、LINEの申請受入などのめんどくさいことをしなくてもリンク一つクリックで簡単にコミュニケーション取れるのが当たり前になってきます。

まえにソフトバンクのセミナーで学んできました。
特に日本はこれからですがイギリスをはじめ、中国そして次にアメリカそしてかなり離れて日本ですが、これから日本は海外の真似をしているだけなのでこの機能が充実してきます。

つまり常識化されるのです。

なぜか口コミしやすいです。簡単、便利、楽、なものに人は飛びつくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA