インしたらアウト

おはようございます。LEOです

今日はここ最近で勉強した最新情報、また原則的なこと含めシェアさせていただきます。インプットしたらアウトプットが最高の学び

中には高額な情報もかなり含まれますが、2017年が変動の年といわれるようにここ2018年に向けて急速なスピードで
変化する時代、とにかくAI、ロボット、IOTなど細かく言えばフィンテックやブロックチェーン、マーケティングオートメ―ション
などすべてが通信ネットワークの発達と様々なものが時間とともに小型化するムーアの法則、などなど

メンタル面やマインドセット的な精神的な部分から、フィジカル、そしてインテリジェンス、膨大な知識を生かす知恵と、
世の中の便利な道具(ネットワーク、アプリや、デバイス、サービス)などをいかにどのタイミングで取り入れて使うかという
部分も含めてできるだけシェアしていきます。

 

ドクターディマティーニ

まず、富とはなにか?
富そのものは体も精神もマインドも統合された物質を伴わないものであること
人間を突き動かす最も大きな力には(霊的)なものと(物的な)もの両方ある
お金そのものは交換の道具でありそれは「公平」である。
つまり世の中の人に発信している、情報からサービス、与える価値に対する受け取る価値(対価)である。

そしてはハイエストバリュー「富に関しての価値観」自分の中の価値観(優先順位)によって人間は行動するといわれているそうです。

Telos(最高目的)ギリシャ人の人が唱えた 人生でひたすら追求するもの

これは自分の中で最も価値の高いことがベースに動いており、人から何を言われてもやりつづけるもの
例えば、こういう世の中の偉大なコーチや講師、教育者たちは、仕事だからということでなくても教え続けるだろうし、
例えば、なにかアスリート選手なら体を動かすことが仕事だからオリンピックなどの一つの目標、スポンサーなどに関係なくても
体を動かしたり、健康的なことを無意識な行動を取っているのだということです。

人間は意識してできていることの30000倍無意識の力が働いているということが科学的にも証明されており、
どこかで刻み込まれている情報など、自分の中に無意識に蓄積されている脳の中の情報により無意識にその行動を
とっているといわれています。
例えば女性の母親であれば一番に子供のためというがベースに自分に人生を決めていたりする人も少なくないといわれます。
また体が不自由だったり、大きな病気で悩まされたり、なにか体のことで人より多く悩んだり、誰かと競い合っているマインドであれば
健康がベースに伴う優先行動をとっているともいえます。
社会的な人脈が富という人もいれば
資産価値の財が一番上なら富とうまく付き合うためのことで勉強し資産的な部分が優先順位の行動をとったり
愛だといえば、愛情をベースとした行動をとっているのだそうです。
つなりおなじもの、現象を体験、見ていたとしても人それぞれのかおいているベースとなっている価値によって
全く異なるわけです。

歌いたい、声を出すことが一番ならそれを創れる環境に自らおきますし、演奏する人ならそれがベースになります。

何にお金を使うか、交換しているか?
財政的な価値を増やすことに長期ビジョンをもっていることによってより多くが手に入る

そして自分が今欠乏、欠落している、もっていないものが価値感となります。

うまり結婚して子供がいる人から見れば結婚や子供というワードにあまり過敏に反応しませんがそれが・・・と感じている
人であればそこに関することで勉強したり、お金を使います

いま健康を害してしまってひどいからだなどの痛みや苦痛があればそれに真っ先に改善することに様々な資源や時間が
投入すると思います。

お金を欠落していると感じていればそこに対して勉強したり、使い方など大切に愛情をこめるだろうし、

「フルフィルメント」自分の空間をどう埋めているか?

価値を感じているものであればいつもそばに置いておきます。

たとえば自分で買った数十万のアクセサリー時計なども大事にするかもしれませんが、結婚のために、また大事な人が
くれた市場的にはあんまりお金としての価値がないものでも、その人から見ればお金に換えられないハイエストの価値が
あると感じているものはいつもそばにおいておきます。
またその人の情報を調べたりいつもそばにいる時間の使い方をします。

学ぶのが大好きなら本やそれに関係する情報データ的なものがいっぱいあるとおもいます。

今自分の現実的に目の前を見渡してみて自分のスペースになにがあるかよく見てください。それが
あなたの価値とおもったものということになります。

またほかの人といるときにいったいどういう話をすることが多いか?
会話の中にどういう内容が出てくるか?
何に心を動かせられるか?

そして幸福をきちんと生きるには不幸を知らなければならない。
生をリアルにいきるには死を感じなければならない。
二面性のとうごうである。

自分の欠落感が自分の価値感をきめているということです。

ここまでが価値の話でした。

クリス岡崎先生

ここからは誰かに伝える話
それには3つあるといわれており
1、情報をただ正確に伝える
2、感情を伝える
3、相手に行動を起こさせる(目的)

例えばサインをしてもらう、会員になってもらう、商品サービスを買ってもらう

様々な仕掛けが世の中にはたくさんある。

特に現代はネットワーク、インフラも利用できるものが豊富にあり
FREEで何かを得られることはたくさんある。
無料だから価値があるかないかは仕掛けにもよる。
例えばテレビやラジオなんかはNHKなどとは違い一般の地上波などは広告がかなり多くついてくる。
企業のコマーシャルのために番組が運営されていることも多く、
一般的には無料で見れるがその裏にはスポンサーがコマーシャルをしてその企業の商品やサービスを
多く知ってもらい買ってもらうことをベースに構成されている。
どんな番組のコマーシャル料が高いか?
これはアメリカではアメフトだったりするそうです。
興奮するから。つまりスポーツや格闘技、音楽のライブ、ドラマや映画などは見ていてとてもドキドキ興奮します。

そのドキドキが視聴率を高めついでにみているもので商品を買ってくれる。
体験をしてもらう。

 

役者さんタレントの中で多く出演したり、稼ぎ(ギャラ)がよいのはスポンサーのコマーシャル商品をたくさん売ってくれる人
が価値が高いということです。

 

★一流と呼ばれる人たちはそれだけ多くの逆境の経験をしている人「苦しみを乗り越えてきている人」だそうです。

「弱い人たちの気持ちもわかる、つらい気持ちもわかる、先にリーダーが体験している」

まわりに役立つことが正しい幸せだと信じていたらそうなる。
古い思い込みをすてること。その思い込みは会ってるかもしれないがまったくあってないこともある。
限界も正しい問題解決法も自分の枠の外にあることが多く、それはその分野で成功(おなじ経験)を
乗り越えたことがある人から学び、実践する

自分がつらいなあと感じていたら、それは多くの人もそう感じることで、その人たちの役に立つことが多い。
それをどうやって解消してしてきたか?などを惜しみもなく世のため、人のために提供(GIVE)すること

 

また過去に起きたことに脳は勝手に意味づけしてしまいがち。子供の時の体験が大きく左右するともいわれているそうです。
誰かに振られたことがある人はそれと同じような
境遇であればそれが自分の情報の正しき答えだと思い込もうとしているのであって、
逆にほんとは欲しいのに自分がやったことを正当化し、負けたような感じがいやなので無理やり反発することも
人間的な作用だとおもいます。それはその人がというより脳がそういう風なつくりをしているととらえることができれば
その行動が理解できたりする。あっけらかんとその時はなんでそんなこと言ってしまったんだろうと本人が一番わかっており
傷つけたり、相手より、自分の価値を認めてもらいたいという人は自己重要感が最優先の価値が出てきてしまい
どうだ偉いだろ、称賛してほしいニーズが全面にでてきているとき。
これは世界ナンバーワンコーチのアンソニーロビンズのセミナーなどでも学んだことがありますが人間には6つのニーズに
よって自分の行動がきまります。

ディマティーニ

経済的自由人1%にはいるためのゴール設定
消費はだめ。投資につながることに使うこと。富の構築に高い価値をおくこと。長期的なものであり、短期や目先のものは
だめ。富に価値を見いだす習慣を自ら作り出さないといけない。
価値のトップ、トップ2に富の構築に置かなくてはならない。
今まで人生で稼いできた金額、資産どれくらい残っているか?、全体でなん%残っているかを数値化する。

 

60才なら年間50%が貯蓄


30才なら年間20%

人生で先延ばしにするなら財政的に難しい
すべての資産、負債をマイナスにして純資産がどのくらいでるのか?
例3%のインフレ率
同じライフスタイルを維持しようとすると24年ごとに倍必要になる

 

愛すること
これはまず自分を愛してあげなくてはいけない。それは贅沢に何でも食わせて肥えさせることや、無駄遣いをして
自分の一時的な快楽のために時間やお金をつかうことではなく、自分へのセルフイメージを高く保つこと
健康とは体や食べる食べ物だけではない。知識だけでは目的、教育は道具なので使い方を知らなくてはいけない。
使う人次第ということになります。賢者は知識が膨大な人ではなくそれはただの研究熱心な人で、いかに使い方が
うまい人ということになります。

 

基本が大事
自分が信じたことが自分になる。
なのでこれはだれにでも絶対役に立つよといってもそれを信じる人にとっては役にたつしそうなるし、信じない人は
そうなはならない。

すべてはパレードの法則:

8割 2割の法則であり、とくにメンタル8割  スキルは2割だといわれています。
変えなきゃいけないことと、変えてはいけないことがある。
ただ、じんせいにおいて、状況が変わると逆になることがある。

脳はパターンに当てはめたくなってしまうようにできていて、自分の思い込みを手放す必要がある。

だから何を信じるか?が大事になります。
そして意見、信念、確信という段階があります。
確信こそパワーに影響します。

この人の言ってることは意見から信念にかわり、いつか確信にかわる

仕事はしなきゃいけないものではなくてしたくてたまらないものにしなきゃいけない

絶対これだけはゆるがないものはなにか?

優先順位の中では成長と貢献が一番にきている人は世界中のトップの成功している教育者の共通であると思います。

自分が今どこにいるのか?明確にしなくてはいけない。そして右に行けば何があるのか、左に行けば内があるのか?

どっちに行ったらいいか、わかっている、知ってもらう、目的にたどり着けるかをメンター(それを経験している人)

や実際通ってきたことある人と出会い、学ぶ。

そしてなぜそこに行くのか?なぜいきたいのか?何時に行きたいのか?このなぜが大変重要になるといわれています。

そこにいくのが6か月なら15%、3年なら90%だそうです。

神田昌典さん

自然検索で指名検索をもらう人がブランド価値になる。

好印象をもってもらう、常に話題にされる、ウェブで検索される
真っ先に名前が浮かぶ存在であるかどうか?
指名検索で行動に向かわせる、3つのキー

1、問いとしてのネーミング
2、物語の扉を開けるタブライン
3、答えとしてのストーリー

 

大事な3つのキー
1、その見込み客はなにか問題の解決策を自ら模索しているかどうか?

2、その商品の見込み客は何か問題の解決策を自ら模索しているか?

3、その見込み客は彼らの見地から見てオプションがあるかどうか?
(なぜか?オプションがなければほかの商品と競争しなくてはならないから。競争は時間ととも負け戦)

 

リーダーとマネージャーの違い
マネージャーは正しいやり方で業務の効率化を図る
リーダーは全体をみて梯子をどこにかけるかの場所を示し、明確にする
そして決定することと責任を取ること。またかけなおしなどを実行する

行きたい場所がはしごのかけた場所にしっかりつながっているか。
ただし1発目からビルの屋上にかけれる人は人はいない何度も修正したり、かける場所を改善して目的地にたどりつく

そしてかけたはしごの場所でいかに早く正確に、安定的にシステマチックに上らせる効率化できる人をマネージャー
これを2人で分担する。

 

自分以外の人のために尽力する。

ニッチなビジネスを築くためにはまず痛みや緊急性があるかどうか?理由のない感情、強い感情を抱いているか。
欠乏していることは行動させることができる
プロアクティブにその問題の解決策を学ぼうと探し続けているか?
オプションがあるかどうか(競争してはならない)
そして成功することにフォーカスする
買い手はより豊かな生活のためではなく、本当の自分らしくなるために買う。

 

人間のコントロール=習慣である。
恐怖と愛は簡単に行動に移すことができる。

あなたが愛している、ペットや子供、恋人、家族、仲間、大切な思いのあるもの、必死にしているものは
お金を失わせたら、恐怖や憎しみ、痛みとして人は行動に移す

愛している人がいて、こいつ殺すぞと鬼のような悪い人に攻撃されていたら自分のことなどどうでもよく相手を
助けてあげたいと思うというより心がそう感じているか、痛いとか怖がっていないで人と向き合うことをあきらめては
いけない。

 

お金を稼ぐには自分が常に動いて働くのではなく、お金に働いてもらう。

物質世界と精神世界が二行対立してしまっていてはいけない。
どちらか一方ではなく両方必要である。
与えることとそして受け取ること。自分の器ができていないと受け入れきれない
精神性のときはお金を受け取れないと脳が感じてしまっていてはだめ。書き換える必要がある。

なんでもかんでも精神とお金は一致しないといけない。近く認識

お金を持つだけでドキドキしてしまうのは受け取りの法則で持つだけで罪悪感や普段扱ったことない大金を
扱うだけでびびってしまうのは訓練が必要。
引き寄せと受け取り両方必要だということ。

 

お金と脳の関係

よく瞑想などする人は集中力も高いがそれはノイズがないから。
「脳の状態、脳の使い方」が大事。
お金お価値が高い人はゾーンにはいっている。
ふつうは委縮してしまう。脳の反応をみて調べる

「あるがままの自分を認めること。身近におくものが価値が高い、いらないものは遠ざける」

客観的に時間を使うのが何に多いかをリストアップしてみる。
例えば、仕事、食事に関係すること、趣味に関係すること、学ぶこと、ゲームをしている、
友達たちとよく飲んでる、運動している、などなど
そしてめちゃめちゃ疲れていてもこれだけは絶対にやる気が出ることはなにか?
生理現象も含め、行きたくもないのによく夜中にトイレになんどもいく。行きたくないが無理やり
行動してしまうこと。絶対見たくもないと心では思っていても気になる人のSNSや情報に気づいたら
にアクセスしてしまっていること。
何にお金を使っているか、お金の使い道、部屋の空間

追い込まれる状況に自分を持っていき、コンフォートゾーンから自ら抜け出す習慣を持つこと

 

「対価をもらうことは当たり前のことと自分の脳にインプットする」
より多くの人に役立つビジネスを創ることは自分をどのように役に立つかを200個書き出す。

 

多くの人がやっているのはただ想像をしているだけ。イメージングとイマジネーションは違う。
痛みを避けて今がやだから快楽のみはだめ。現状の自分を愛せた時に物事は動く。
あるがままのよさが感謝できたときに

 

お金そのものの向き合い方、付き合い方を変えること
本当に人生のなかで必要なものしか買わなくなる。
「不滅口座を構築する」

不滅口座とは魂の貯金(なので死ぬまで使わない貯金、寄付とかでもない)
1、収入の10%の金額、貯蓄する、強制的に毎月なり自動で入れていくようにする口座
2、銀行などに一切の感情をはさまないお金(貯金)とする。絶対に自分自身が使うわけではなく、なくなったものとして勝手に貯金していくものとする
3、3か月ごとに預金額を10%ずつ増やしていく。
例えば毎月20万円なら4か月目は22万、7日月目は24.2万10か月目は26.62 1年で29.28・・・2年で2倍になる
魂のための口座。いつかつかうだろうもダメ。

感覚というのは五感以外に104あるといわれている。(感じることができる)99の入力器官=魂

現実で起きていることは狭く、境界線も自分で忌めてしまっている。宇宙を楽しむこと。現実も宇宙の一部

お金のために働くのではなくお金に働いてもらう、やりたいからやる

例えばコーチなら教えたいから教えることをやめない。

 

「クッション口座」すべてのセービング2か月分を敷き詰める「ただためておく」

ピラミッドのようにクッション口座が底辺にあり、少しづつ投資 レベル1、
少しづつリスクを多く取っていくレベル2、2日月分の所得で少しづつリスクを取っていくレベル3
リスクもリターンもおおきいレベル

貯蓄からはじまりこうした下に土台がしっかりした状態で投資という心やどっしり感があるのでなにがあっても精神的に
ゆとりやあせりがなく正しく判断できる
現実だけでなく宇宙の法則を理解したうえで人生を生きていくのでは全く違う。そのエネルギーがお金を引き寄せる

おかねとの関係がうまくいかないから恋がうまくいかなく、生活が安定しない。
こういったことに力をいれているメンバー仲間とやるのが良い。一人だと挫折してしまう。

毎日富に関する本を同じ時間に毎日毎日同じものを読む。10分でも20分でもよい

罪悪感があると受け取れないので受け取りの器をしっかり作る
もらうときにどうしようとか考えない。
えこんなに?とか金額のことであーだこーだ言ってくる連中はおかねは持っていない。
お客さんの反応を見ていればよくわかる。人に難癖付けてきたり、値段のことにいちいちあーだのこーだの言わない人。
レストラン行って、大体の値段わかっていて、そこは頼むからその対価を払う。ただそれだけ。
受け取ることに委縮してはだめ。私でいいの?とかではない。

これをやると2か月で変わり始める 習慣の法則はとにかく21日続けること。

そして物質と統合して道をみちびいていってくれる。
土壌ができるまでは何をやっても無駄である。

 

トニーシェイ
返品いつでもOKのオンライン靴屋さん

顧客サービスはコストではなく投資という考え方。
ゴール設定は顧客に何かを感じてもらうこと
配送のグレードアップなどがある
ゴールはお客様との一生の付き合い。最優先事項はお客様へのサービス
ブランドとは顧客の立場に立つこと
面接は2回行い、自分の企業文化に合うかどうかを採用の基準とした。
超越したビジョン目的があるかどうか。
ただの業者ではなくもっと意義のあることをお客様に伝えること。
ただお金を求めるのではなく、ビジョンを追い求める

ショーン
みなビジョンを持たねばならない。しかも漠然とではなく明確にする
自分は地球に対してどのように貢献するのか?
自分が自分自身でいるために努力すること。
地球のためにビジョンが必要だということ
地球のために生きる人を報いるようにこの世はできているから

人間だけの特有な2つ
1、感情があること
2、「でも・・・」という言い訳をしてしまうこと。これを「でも」の恐怖という
でも・・・私は○○だからという言い訳をしてしまう
でもから始まる自分を断ち切りこと。
地球のために立ち上がらなくてはいけない
あなたが成功することが全員に返ってくるからあなたは成功しなくてはいけない
自分が自分として生まれてきたのは何かを伝えるため

そして一番大事な言葉は
「痛みは避けられないが、苦しみは選ぶことができる」
痛みの本質、目的がわかれば乗り越える準備ができる
人間は良い気分になることが目的として生きている
・快楽は瞬間的、一時的なものでしかない
・達成感はちがう。必要である。即席ではなくずーーと続く。自分の人生を変えるには心を成長させ達成すること貢献すること

 

 

ジェイアエイブラハムのマーケティングより
本日学んだこともshareします。

まず社長の仕事は顧客の創出であり、満足ではない。(個人事業主、中小零細企業のはじめにおいては)
また少し拡大し大企業のやり方があり、顧客満足を中心としたマーケーティング
待っていても向こうからやってくることはない。
「効果的な施策を素早く講じ続けること」これに尽きる。
マーケティングは科学であり、原理原則がある。
何かかができていないから集客ができていない原因が必ずあるのでまずそれを知ることからははじめること
自分のサービスがいかに良くても知ってもらわなければ意味が全くない。他のサービスに行ってしまう。
ホームページは100%必要。365日24H働いてくれる営業マンでレバレッジマシンである。

店舗の場合はその周りだけが商圏であり、東京にお店を出して、たまに来るようなそこにしかないものを売っていれば
数は少ないがそこまで来るが、周りに同じようなサービスや商品であればわざわざ遠くまで買いにいかない。
来てもらうのも近け、なにかあったらすぐサポートしてくれるお店を選ぶ。

いまはネットで世界に簡単に売れる流通網がたくさんある。アマゾンやイーペイなど簡単に出品するだけ

「ニッチ」がどこにあるのか?

「成長市場」に乗っかること。売り上げ=見込み客かける成約率か×購買単価である
新規客×リピーター×購入単価である

もしダイエットに興味があるならダイエットと検索する。もしそのダイエットの企業の社長の個人名で来ている場合は
その個人をよく知ってる人が検索をかけているのでダイエット自身で直接悩んでいるのでない可能性も多い。

その行動を起こしてくれた人の100人に一人なら1%ゴール
1000人の1%が1万円を買ってくれたら売り上げ10万
それぞれ30%ずつ上げる施策を講じていけば219%で2倍の売り上げアップにつながる。
倍にすることは簡単でどこを改善すればいいか?を見極める。

一番初めにやることは今の現状を把握すること。
原因を解析して、デザインが悪いからとか、リニューアルしましょうとか言ってくるのは偽業者。
アクセスが集めることが大切どのくらいの人が買ってくれるかを計測していく必要がある。

 

また業者の中にはカモにされる怪しいものもいる
1、HPをつくれば売り上げが上がります
2、上位表示さえしたらあがります。
3、サイトリニューアルしたら上がります。
4、プログラミング知識など多少学ぶ必要があります
5、このシステムを買えばかならず上がります
など

そもそもだれも来ないような場所に一般的にあるようなお店を開いてもまず足を運ばない
営業マン、スタッフの対応がそもそも悪い
売るためのHPが必要である

 

個人名で検索しているのはタレントとか芸能人、著名人の個性に興味があるわけで、
その商品やサービスに悩みとか、欲求があるわけでない。
新規で集めるには自社のサービスや商品を販売提供できる相手に伝わる場所で他社より独自的なものも含めたキーワード
である必要がある。

 

 

今大人気のゼノア(ハスクバーナー)芝刈りロボットはこちらクリック(キャンペーン実施中)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA