Q&A

head_linebg

剪定などの排出ゴミの処理はどうされますか

head_linebg_back

  • 基本的にリサイクルにさせていただきます。市のリサイクル施設、民間の植木剪定リサイクル施設と提携しております。料金はキロでいくらの場合と車に積む量や重さ、受け入れる樹種によって異なります。竹やしゅろ、伐採の材なども地域や施設によっては受けられないケースもございます。その都度ご相談ください。薪ストーブの販売もしております。リサイクル資源として付加価値のある資源利用をさせて頂くサポートをしています。ごみはご自分で出すので少しでも安くしてほしいなどのご相談は承っております。

head_linebg

樹木が急に枯れたり、虫がついてそう、一度診て頂きたいのですが?

head_linebg_back

  • 是非お任せ下さい。多いケースが塩害や震災などもそうですが、一番は環境の変化(特に近年は時期外れの温度の差が昔とは全く違います。)だと考えます。人間であれば寒ければ暖かいところに移動したり環境を自ら変えたりできますが植物はそうはいきません。そして時と共に弱ってきたりします。また環境やその土地(土壌)の相性や害虫など様々なケースや要因が考えられます。また手の入れ方や、肥料など、色々原因はあります。弊社ではトリートメントサービスページにて高級肥料や土壌改良などもご提案しています。是非ご覧下さい           ただ、造園業といっても特化している分野が弊社含めどの業者様も様々です。土木や公共が多いところもあれば、施工の分野やエクステリアやガーデニングの分野、剪定士として特化してきた方も専門の方もいます。それは造園業じゃなくてもどの業界でも携わる分野が違えば畑違いなことが多々ありますよね。例えば音楽家だからと言って、全員がピアノを弾けるわけでも、ギターを弾けたり、ボーカルができるわけではありません。それとおんなじで特化している分野が違えばわからないことも多いです。全体的な一般的な経験やたくさんのお客様からのケースや情報はできる限りお伝えできますが、専門医ではありません。ご心配であれば専門の樹木医様にみていただくことをお勧めいたします。現地調査をさせていただき様々なケースから対応致します。ただ、ケースによっては専門の樹木医様にみていただくことが一番最良とした診断が必要な場合は当社よりご紹介いたします。

head_linebg

樹木のメンテナンスは年に1回程度で良いのでしょうか?

head_linebg_back

  • 本来は樹木にもよりますが、1回でも問題はありません。ただ、お庭にある樹種が違えば手入れの適期が違うので、その樹木にあった適期に剪定やその他施肥や消毒などメンテナンスをしたり、お庭によっては年に2回以上が最良とされる場合もあります。さらに、年に1回の場合、大きい木を所有していると、木の成長も早いので、剪定した際の落とし枝も大量に発生し、手間がかかるため、年に2回にした場合よりも費用がかさむ場合があります。基本としては年に1回でも問題はありませんが、お客様にとって年に数回の方がお得であるケースもありますので、適宜、当社から最適なご提案を実施させていただければと思います。

head_linebg

外構工事やエクステリアなんかの工事なども行っていただけますか?

head_linebg_back

  • 行わせていただきます。当社では植物と共存する空間クリエイトを主に請け負わせていただいております。そのため、通常のエクステリア工事も対応させていただきますが、当社では緑ある空間作りやプランニングなどに力を入れており、ご家族の安らぎや笑顔、楽しみだけでなく、来客のかたにも喜んでもらえる「魅せるガーデン作り」をサポートしているため、お客様にとってリーズナブルかつその環境にあった理想のガーデンスペースを提供します。木や草花などグリーン環境、植物を空間に取り入れた暮らしにどうお役立ちさせていただくかをコンセプトに運営しております。皆様にグリーン環境をクリエイトし、この世界に増やすためにこの会社が存在しております。地面以外にも屋上、空中や壁面などあらゆる緑化をご提案できます。いかにご予算内でリーズナブル(価値のある)にお客様の環境を整えさせていただくかに日々努力をしております。そのため弊社では実績のあるプロの建築士や外構の各得意分野の職人がおり、造園に関わるパートナー、リサイクル、産廃業者とともに運営しておりますのでご心配なくご相談ください。
  • 外構事業部★ガーデンシン★はこちらをご覧下さい。gardensynhead_linebg

電線に架かってしまってて電力会社などになかなか来てもらえない。見積もりも高いんだけど高い木などもお願いできるの?

head_linebg_back

可能です。施工事例ページをご参照ください。大きな木になれば剪定も大変ですが、ゴミの量もお客様が想像されている以上に発生致します。また、電線やその他危険度もお見積りの料金設定の対象になりますが、自社で作業をするためリーズナブルな見積もりをさせていただいています。

た手の入れ方 もちろん1回でもOKです。ただ、一概にお庭にある樹種が違えば手入れの適期が違うものもあります。本来なら、その樹木にあった適期に剪定やその他施肥や消毒などメンテナンスをしたりお庭によっては2回以上が最良なことですが、やはり年何度も来てもらうとなると料金などもあがってしまいます。ただ、年1回ではある程度大きい木を所有しておれば生長も早いので当然ながら1年で相当剪定した際の落とし枝も大量に発生しますし、手間がかかりますので料金に差がでてきます。また、まったくメンテナンスをしていなければ枯れていたり、虫がついていたり、弱っていたりに気が付きません。それで今年は花が咲かない、実がつかない、あまり生長しないなど1年たってからお気づきになるケースも多いです。

 そのため、弊社は会員となっていただき年間契約でのメンテナンスをお勧めいたします。また、弊社で取り扱っております薪ストーブの設置をお勧めいたします。また、芝生の草地のメンテナンスはロボットをおすすめ致します。

木材をリサイクルとして利用される場合

まず剪定したゴミ処理代が見積もりから安くなります。車に積んだり、リサイクルに出したり、それを運搬したり、それにかかる人件費等を抑えることができます。(ご自宅の薪ストーブ用の燃料や別に有効活用される資源として、リユースできます。近年、震災が起きたり、冬が異常に寒かったり感じませんか?雪の量も多く、地球のバランス的に夏が異常に暑くなっていっており同様に冬は寒くなっていってます。後々もっと寒くなるので今がチャンスなのです。月々のエネルギーによるコストが上がっていきますので早いうちに導入しておいたほうが後々、全体の経済状況は安くなるからです。ですから早い時期からの導入をお勧めいたします。

設置をしたら・・・(薪ストーブページ)

剪定・伐採の費用、リサイクル処理代、それを片づける人件費が安くなります。何かあれば会員様であればあらゆる面で料金だけでなくメンテナンスのサポートがあります。
初期導入費用は機材と設置費用込みでたったの20万円〜120万円くらいです。まず、自然の熱量で冬場の暖房費用等も相当抑えられます。震災の影響から東京電料の問題、電気の自由化、家電日用品の普及で無駄に電気エネルギーを消費せずに熱量を使用できます。
そして現在電気自由化、来年ガスも自由化になります。エネルギーコストを10 年前と現在を比べてください。一時的に下がったりしますが、10年前と今を考えていただければすぐにご判断いただけます。10年、20年前よりエネルギーコストが下がることは現状難しいです。自家発電、自家でエネルギーを生み出すしかありません。そこでどんな木材(竹や建設廃材などでも)燃料にできる薪ストーブ日本とアメリカとドイツで特許取得済です。
また、通常のストーブよりあったかいだけでなく、料理に使えたり、また、震災などでライフラインが使えなくなってしまっていてもお湯が沸かせたり、料理が作れたり、自分以外の家族や近隣の方も助けることもできます。暖だけでなく団もとることができます。
また、近所の方で剪定したゴミをいつも市の回収に出してるような方がいたら、持ってきてもらえれば無限に資源が使えるだけでなくお互いに喜ばれる関係になります。ご近所さんとの関係も深まるのではないでしょうか。自分たちで汗かいて落した枝を薪代わりにご家族やご友人、近所の方と団らん素敵なティータイムも最高です!

head_linebg_back